利益相反管理方針

(平成21年7月21日改定)

朝日火災海上保険株式会社(以下「当社」といいます。)は健全かつ適切な損害保険業務を行うにあたり、次のとおり利益相反管理方針を定め、これを遵守することによりお客様の利益を不当に害することのないように、利益相反取引の管理に努めてまいります。

  1. 利益相反取引
    「利益相反取引」とは、(1)当社または当社のグループ会社( 以下「当グループ」といいます。) とお客様の間、または(2)当グループのお客様相互間において、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。
  2. 利益相反のおそれのある取引の類型と特定方法
    対象取引の個別事情を検討のうえ、利益相反のおそれのある取引に該当するか否かを特定します。
  3. 利益相反のおそれのある取引の管理の方法
    当社は、利益相反のおそれのある取引を特定した場合、以下のような管理方法により当該お客様を保護します。
    • 情報遮断措置の実施
    • 取引条件または方法の変更、取引の中止
    • 利益相反に係るお客様への開示
  4. 利益相反管理体制
    当社はコンプライアンス業務部担当役員を利益相反管理統括者とし、コンプライアンス業務部を利益相反管理部署とします。
    本方針に沿って、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反のおそれのある取引の管理を的確に実施し、その有効性の検証を定期的に行います。
    また、役職員に対し本方針に基づいた研修を実施し、利益相反のおそれのある取引の管理について周知徹底いたします。